オリンパス OM 28mm/f3.5
オールドレンズ遊びで買ったオリンパスOMレンズ。
写真会館で安いフィルターとフードを探しに行くとありました、段ボールの中を探ると。

フィルターはスカイライトで多少黄色くなりますが、ホワイトバランスで問題なし。
フードは50mm用があり、レンズは28mmですがフォーサーズなので2倍になるんでちょうど50mm用でケラレません。傷がありまくりでも使い込んだ感でいい感じです。
合計400円也。

d0350486_17343788.jpg
E-410+マウントアダプター+OM 28mm/f3.5+skylight filter+Asahi Pentax 50mm Hood


[PR]
# by livetour100 | 2016-11-13 18:00 | 機材
Olimpus E 410 + ZD ED 14-42mm
2007年発売のフォーサーズ規格のデジタル一眼レフ。この後すぐにミラーレスが発売される。知ってたらこれ買わずにミラーレス待ってたのに。。

買ってもあまり使う機会がなかったが、改めて最近よく使っている。

今回は初心に戻り、標準キットレンズで撮影。
d0350486_16574281.jpg
d0350486_16572217.jpg
d0350486_16571439.jpg
d0350486_16565810.jpg
E-410+ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm


[PR]
# by livetour100 | 2016-11-13 17:01 | スナップ
オリンパス OMレンズ
最近またマニュアルレンズにハマって来ました。ちょうどyahooポイントの期限が迫っていたので、マウントアダプターを探してるとOlympus フォーサーズマウントにオリンパスOMレンズを付けるのが999円であり買ってしまいました。

早速レンズを探しに。。

梅田八百富カメラではじめはジャンクコーナーで望遠を420円で購入。買う前にちゃんとボディに付けさせて貰って写りを確認。目立った異常もなく、安く買えました。

その後やはり広角側が欲しかったので、ガラスケース内を確認。

28mmが5000円ほどであるじゃないですか。
他の店では1万円代が付いていたので早速試写。
これももちろん異常は見当たらず購入。
まぁF値がf3.5なので。。とりあえず遊べるなっと。満足です。

カメラ本体は先にも書いたように今は亡きフォーサーズマウント。オートフォーカスレンズでマニュアルを練習してましたが、やはりファインダーが小さくてピント合わせが難しい。

ふらっと立ち寄った中百舌鳥周辺の写真をどうぞ。

d0350486_14155319.jpg
d0350486_14155589.jpg
d0350486_14155799.jpg
d0350486_14155921.jpg
d0350486_14160178.jpg
d0350486_14160252.jpg
d0350486_14160490.jpg
d0350486_14160567.jpg
d0350486_14160718.jpg
d0350486_14160986.jpg
Olympus E-410+OM 28mm/f3.5
[PR]
# by livetour100 | 2016-10-17 14:00 | 機材
トイデジ vol.2
トイデジ遊び。大阪市内をウロウロ
d0350486_00225608.jpg
d0350486_10195236.jpg
d0350486_10195358.jpg
d0350486_10195383.jpg

[PR]
# by livetour100 | 2016-05-01 00:22 | スナップ
トイデジ vol.1
Instagramとか「写ルンです」とか流行り、改めてレトロな写真が見直されています。そんな中トイデジ遊び。大阪市内にて。
d0350486_00195664.jpg
d0350486_00201213.jpg
d0350486_00202405.jpg
d0350486_00175172.jpg

[PR]
# by livetour100 | 2016-05-01 00:06 | スナップ
Zeissレンズ
カメラの先輩との雑談。

先日出会ったオーストラリアのカメラマンが購入したZeissレンズ。
昔はかなり性能が良かったとのこと(もちろん今でも抜群の性能ですが)
当時日本では、まだまだレンズの技術があやしい時代。

日本海軍が技術習得のためにZeissへ修行へ行かせたとのこと。
その後ニコンレンズの元になったんですね。

その時の技術者がしっかり勉強して、日本のレンズ技術に大きな貢献をしたんですね。
[PR]
# by livetour100 | 2015-11-30 10:14 | カメラ知識メモ
魚眼コンバージョンレンズ
カメラを初めて色々なレンズを集め出す。ライブ撮影をメインにしていたら、やはり魚眼の写真を撮りたくなる。

学生の時はもちろん高くて、買うリストには入らなくて、望遠側を先に欲しいと思っていた。

社会人になり、純正ではないけれど、とりあえずf2.8通しの明るいレンズを17mmから200mmで買えた。これでほとんどのライブは満足出来るようになった。
あとは腕がまだまだ追いついてないけど…

っとここ数年オークションやショッピングサイト、はたまた写真ブログを覗いていると、魚眼コンバージョンレンズなるものを発見。
これは手持ちのレンズにフィルター感覚でそのレンズの先に付けるもの。
フィルターと言っても、一応レンズになってて7~8cmの長さはあります。

メインはビデオカメラに付けて、スケーターが撮るような迫力の映像用みたいですが、
口径が58mmのも出てきて、一眼でも使用例が何個か見つけれました。
なんといっても値段が魅力です。

通常の魚眼レンズは3万~、しかもソニーマウントは新品では純正以外となるとシグマ15mmで販売店はネットでは一軒のみ(2015.11.30現在)
ある意味レアなものとなってます。
中古屋で探すとミノルタ時代のAFで3本ある店がありましたが、お値段5万円也!

そこで、とりあえずお遊び用としてコンバージョンレンズを購入。
5800円也!
メインで使うレンズは口径67mmなんでステップダウンフィルターをかまして使っています。

まだライブは撮ってなくて近所の風景や
梅田のビル街で使用しています。
f値も変わらないし、AFもそのまま使えます。
画質はこだわり無ければ、まぁまぁ見れる画は撮れます。

作例:メインカメラのα77を撮影(オリンパス E-410にて撮影)
d0350486_16285165.jpg
d0350486_16263415.jpg
d0350486_17221146.jpg

(α77+Tamron 17-50mm/f2.8にて撮影)



More
[PR]
# by livetour100 | 2015-11-30 02:39 | 機材
Phil Wattカメラマン
先日、中古カメラ屋をフラフラしていると、外国の方が珍しくSony α7をぶら下げてる。
近くに行ってみると、店員に合うレンズを聞いてる。
Eマウントのレンズを出して、ボディに付けてたけど、No,APS-C,I want full-flame.とか言うてる。
けど店員は理解してないなぁ、、諦めたのか出口へ。
全く日本語アカンそうやったんで、声かけてみました。
自分も長いこと英会話してないので、不自然な表現ばかりやったけど、何とか伝わりました。
他に中古カメラ屋知ってる?って聞かれたので案内がてら一緒に行動しました。

オーストラリア メルボルン出身で京都に甥が居て訪問後、昨日から大阪に買い物に来てるとのこと。
日本には初めてで東京~京都、奈良、後に広島まで12/5に帰るとのこと。
仕事は何とプロのカメラマンでした。映像をメインにしてるらしく、4K画質で撮るのでフルサイズのレンズがいるねんて。APS-C用やったら小さくなるねんて。

さて大阪は梅田。最初に会ったのはカメラのキタムラ。
続いて連れて行ったのは八百富カメラ。ここではEマウントは僅か5本。しかもフルサイズ対応は2本。ほんと出回り数少ないな。
値段をチェックして、ヨドバシへ行きたいとのこと。昨日チラッと見たらしく、店員に交渉もした様子。
同じ店員がいて、中国の方やったんで英語でスラスラ対応。全然聞き取れなかった・汗
何やら昨日聞いた割引価格が安すぎるみたいで、マネージャーを呼びに行ったよ。
自分も外国人と思われててマネージャーは大きな日本語で表示価格の半額の値段やんーそんなん無理無理。とか言うてる(笑)
philが昨日どんなやり取りをしたのか分からないが確かに店頭価格15万くらいのレンズが8万にはならんわな、、そりゃ中古の値段やでと思いながら。

philは残念そうに、、もう一回さっきの店に連れてって言うから再び八百富へ。
Sony Zeissレンズ24-70mmを付けてみる、、値引き交渉するもパスポート提示で免税になるのみ。レンズフィルターをサービスしてっと持って行ったが、新品なら割引は可能とのことで、購入。
レンズは新品同様で85000円。チラッとネット調べるとラバー部分が白く劣化したBクラスので81000円やからまぁまぁ納得な値段矢と思います。
保証は1年付いてるし、トラブルあれば送るらしい。送料いくらなんやろ~??

支払の時にphilは店番号は何?と聞いてくる、そんな番号なんてないよー、何でも仕事用で使うからAccountant(会計士)に出すから必要とのこと。オーストラリアでは数枚の書類を書いてくれるみたい。システムが違うんですね。
なので普通のレシートで何とかするって。

話をしていて気づいたのがカメラ用語が違うんですね。
フルサイズはFull-flame。
APS-CはCrops。
ミラーレスは同じ言い方。
ボケは前から信じてなかったけど、ちゃんと日本語からのBokehを理解してた!あえて英語で言うとshallowになるねんて。被写界深度が浅いってことやね。
まぁとても英語の勉強になりましたわ!!ラッキー
philも買い物出来てかなり満足やったみたい。
InstagramのIDとメルアドを交換しました。
またいつかあえた会えたらええな!

Phil Watt:
www.philwatt.com.au
Instagram:philbot666

[PR]
# by livetour100 | 2015-11-27 01:40 | カメラマン



写真、カメラ大好きです。様々な写真を載せていきます。街スナップ、お散歩スナップメイン。機材レビューなども。
by livetour100
カテゴリ
全体
機材
スナップ
風景

カメラ知識メモ
ライブ
カメラマン
未分類
タグ
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
人気ジャンル